老鮎師

先日、孫を迎えに浜田に行ったとき、老鮎師を周布川で見かけました。
竿を寝せて瀬を引いて攻める構え…
流れの芯で掛けた良型鮎を、慎重に緩やかな流れに誘導して取り込む技…
昔ながらの釣りですが、無駄のないその動きに熟練の域を感じました。

DSCF2663.jpgDSCF2664.jpg

しばし、橋の上から老鮎師を眺めながら…。
小生は、いつまで鮎掛けができるんだろうなぁ~などど思いにふけっておりました。

できれば、一年でも永く鮎釣りを楽しみたいものです。
そのうちに孫が「爺ちゃんの釣った鮎が食べたい。」って言うに決まってますから(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
ぶろぐ村ランキングに参加中!
右側の画像バナーをワンクリックして下さいm(__)m

この記事へのコメント:

いさき : 2012/08/05 (日) 18:15:15

お疲れ様です。

何でも極めれば無駄な動作がなくなりますね。

何時までも好きなことをするには足腰ですばい(^^)/
無理なく継続できるウォーキングをやんなっせ(^^)v


そして、百害あって一利しかない煙草ばやめなっせ(^_-)


teru : 2012/08/06 (月) 08:33:27

いさき 様
おはようさんです!返コメ遅くなりましたm(__)m

たぶん、いさきさんのコメはこう来るだろうと思っておりました(笑)
鋭意努力いたします(^^ゞ

管理人のみ通知 :

トラックバック: