THE 松下村塾

出張から帰ると、金木犀が満開になっておりました。
あたり一面にいい香りが…。
いよいよ、秋本番を迎えますね。

DSCF2001.jpg

しかし…週末の海は時化模様。
竿を出せそうにもありませんな(^^ゞ

さて…
先日の出張帰りに、久しぶりに萩の松陰神社に寄りました。
神社の前には新しい道路も走り、駐車場も整備されておりました。

松下村塾です。

CIMG4454.jpg

高杉晋作や久坂玄瑞、木戸孝允、伊藤博文、山県有朋など、明治維新の立役者をたくさん輩出しております。
柱には刀で切りつけたと見られる傷跡が…。

CIMG4452.jpg

ご存知のように、井伊直弼による安政の大獄で、吉田松陰は処刑されますが。
そのとき、知らせを受けた塾生たちが、やり切れない怒りを抑えきれずこの柱に切りつけたと言われております。
後に、その力が幕府を倒し、新しい世の中を誕生させます。

松陰といえばこの句が有名ですね。
親思う 心に勝る親心 今日の音づれ 何と聞くらん

CIMG4449.jpg

家族宛に書いた遺書の中にあったと聞いております。
親の深い愛情を察し、心遣う松陰の心が歌われています。

そして、門弟宛の辞世の句。
身はたとひ 武蔵野の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂
死を目前にした満30歳の若者が詠んだとは思えない…。
凛として揺るがない松陰の大志が伝わります。

松下村塾…。
若い人は、マツシタムラジュクと読む方も多いとか…(笑)
松下政経塾とごっちゃになっているのでしょうか。
松下政経塾にも政界や首長として活躍する人が大勢いらっしゃいますが…。

理屈、理論だけをただ唱えるだけでなく、松陰やその門下生のような圧倒的な行動力を持つ政治家さんが現れてほしいですな。

さてさて、土日は何をして過ごしましょうか…。

PS
皆さんの一押しがこのブログを支えています。
ご訪問された方、ポチをお忘れなく(^_-)-☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
   
今日もポチッ!
ブログランキングに参加しています。お魚バナーをポチして下さい!

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: