10/11 高島 イガラ

昨日の急きょ決まった高島半夜…。
久しぶりにTEAM UCHIDAのK司君との釣行でした。
午後1時過ぎ、大浜港を出航します。

釣友Eっちゃんの段取りで、恵翔丸にお世話になりました。

CIMG2372.jpg

午後からの半夜釣り、メンバー5人と聞いていましたが結局8人での出港でした。

Eっちゃんからイガラへの渡礁を譲ってもらい、船内でのジャンケンにも勝ち、イガラをゲット!
Eっちゃんが数々の良型を釣り上げた場所です。

しかし、着いてビックリ、見てビックリ、歩いてビックリ!
足場の狭いこと、悪いこと。かなりの急傾斜です(^^ゞ

右側のA級釣り座はK司君に譲り(小生、正直怖くて立てませんでした)、船着けに小生は陣取りました。
期待感でワクワクしながら実釣開始です。
                                      イケメン?K司君の釣り姿!
CIMG2373.jpg

足元からの根に沿って流せ…Eっちゃんのお言葉を守ります。
ハイネの先の方でかならずヒットする、これまたEっちゃんの助言を思い出します。

ところが、どうしたことでしょう。
高島、イガラともあろう場所がまったく潮が動きません。
酔っ払った小生のように、ゆらゆらとウキが海面を散歩します。

付け餌は取られたり、残ったり。
全遊動のラインを止めながら、2ヒロの棚から探ります。

何かの気配を感じ、ふと沖を見ると黒い三角のヒレが水面を切ってます。
サメです。
祈ること1時間、やっとサメがいなくなりました(笑)

ここでK司君ヒット!
かなりの引きですが、ゴリマキで最後はごぼう抜き。
上がったのは良型イサキ!40センチはあったでしょう。

後から知りましたが、4号道糸に3.5号ハリス。
強引なはずです。サメも釣ってほしかった(笑)

K司君、続いて30センチ弱のヒラアジゲット!

小生にもこの日初めてのウキの反応。
上がったのは口太30センチ弱。

生命反応を確認した2人、見つめ合ってニコリ!
「ついにジアイが……。」
このとき既に4時過ぎだったと思います。

気合が入ります。
夕まづめが迫ってきます。

微妙なウキの動きに素早く合わせを送ると…。
なんと、潮受けゴムの下からラインがなくなっています。
えっ!

原因不明のままラインを付け替え続けます。
撒き餌を撒くと、何か水面付近にザワザワした動きが…。
正体が確認できません。

続けます。
ええっ!
またしても同じところからラインが…。

道糸が腐っている?確認しますが異常なし!

続けます。
えええっー!
今度は高切れ、ウキもどこに行ったやら分かりません。
全遊動XA2−1−2、「さよなら」も告げずに達者でな(涙)

足元に撒き餌を乱れ打ち、ザワザワの正体を確かめます。
分かりました。見えました。
ウスバです。
凄い数です。
噂には聞いていましたが、ウスバの猛攻に会ったのは初めて。

頭部の寂しくなったK司君と同行したせいでしょうか(Kちゃん、失礼)

結局、そんなこんなで夕まづめも過ぎあたりは真っ暗に。
どうせ後30分とそのままの仕掛けで釣り続けます。

竿引きのあたりに大きくあわせますが貧弱な引き。
イサキでした。

その後、餌も取られなくなりゲームセット!
7時ぐらいに迎えの船が来ると聞いてましたので、6時半には片づけを開始。
K司君と漁火を眺めながら反省会です(笑)

しかし、待てど暮らせど迎えの船が来ません。
Eっちゃんに携帯を入れますが、切ってあります。
そんなこんなで、船が来たのは8時を回っていました。

こんなことなら、夜釣り仕掛けで頑張ればよかった…(泣)
帰宅したときは、9時をまわってました。

結局、Eっちゃんも30センチのクロ2枚。
ワレでは、イサキがかなり上がったようです。
小生は、こんな淋しい釣果となりました(^^ゞ

CIMG2381.jpg

貧果のわりには、長々と引っ張り申し訳ありません。

それで、リールハンドル左巻きはどうだったかって!
人生同様、課題山積です(涙)

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ にほんブログ村
   
今日も愛のポチッ!
ブログランキングに参加しています。お魚ボタンをポチして下さい!

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: