独り言

CIMG0189.jpg 鮎掛けを始めて20数年!カミサンの実家が匹見の澄川(高津川の支流です)、山奥ですることもなく、カミサンのお父さんの勧めでチャグリ(コロガシ)を覚える。しばらく(2〜3年)チャグリに没頭。昼飯も食わずに、一日竿を振る。(匹見川は、川幅が狭いので、本流と違って縦引きという引き方)   《そう言えば、心配したおばあちゃん(もう亡くなったけど)が、河原までパンと牛乳を持ってきてくれたこともあったなぁ》  知人から友釣りを勧められるが、なんせ、道具が高い!そこで、チヌ竿1号6.3Mにリールをつけて友釣りに兆戦(^_^) 今から考えれば、なんともカッコワルイスタイルなのですが、当時は、これでも結構釣れたのです。ayu塩焼きしかし、本物の鮎竿が欲しくなるのは必然!欲しくなったら、何とかして手に入れてしまうのは今も昔も同じ。カミサンを拝み倒して手に入れたのが「シマノ時雨10メートル」。初めて河で使ったときの嬉しかったこと、今でもはっきり覚えています。そうしているうちに、神の啓示か、匹見に転勤(^_^)(^_^)(^_^)(^_^)。出勤前に鮎釣り、帰宅後に鮎釣り、休日には鮎釣り(借家の横が川でした)まさに、鮎釣り三昧! そのうち、匹見の名人たち(泳がせ全盛期で、皆、泳がせ名人でした)と仲良くなり、泳がせ釣りをマスター。もう、この頃には、どっぷり鮎釣りに嵌っていました。Daiwaの名竿、銀影も手に入れ、日原で行われた、高津川鮎釣り大会(非常にマイナーな大会でしたが)にも参戦!3人一組のグループで参加して(軽い冗談での参加でしたが)、何とグループ優勝、師匠が個人優勝、私が個人2位、そして、この日の大物賞もゲット。勤務が益田にかわるのと同時に、新居を建て、囲炉裏まで作ってしまいました。鮎釣りの目標を 1日100匹、尺鮎ゲット としてましたが、6年前に匹見川亀が淵(皆さんご存じないでしょうが)で、ついに、尺鮎をゲット。残る目標、1日100匹に挑戦中ですが、今年も達成できませんでした。師匠は、数年前、3日連続で100匹以上を釣っています。来年こそは!尺鮎CIMG0320.jpg高津川の鮎釣りに興味がある方は、ご連絡ください。といっても、もう鮎は終わりですが。
長い独り言になりましたが、プロフィールにあるように、3年目から、磯ふかせにも嵌っています。最初はチヌ一筋でしたが、2年目に57センチ3.6キロ(写真上、下は51センチ)を釣ってから、生意気にも、チヌを卒業して、クロ狙いでやっています。
今年は、五島2回、下甑1回と遠征しましたが50センチオーバーなし!皆さんの、ご助言をお待ちしております。

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: