鮎〜澄川小学校下の瀬

今日は、早朝より職場の環境整備!奉仕作業でした(^^ゞ
帰宅したのが10時。
今日は好天日曜日、この時間ではすでに鮎掛けの場所がありません。

ということで、することもないので昼から川見に!
他の釣師を観察するのも上達の道…竿出しを我慢するのも名人への第一歩。

います、います。
何処もかしこも鮎釣師でいっぱいです。
他府県ナンバーもたくさん見かけます。
熊本、福岡、北九州、広島、山口、岡山、姫路、滋賀…確認しただけでこんなにお出でになっていました。
皆様、よう高津川に来んさった(^_-)-☆

何人かの釣人に、釣果を尋ねますが…
「掛からんねぇ。」「水温が低いねぇ。」
同じような答えが返ってきます。
なかには、一匹も掛けてない人も…。

既に昼過ぎでしたので、場所代わりの車が目立ちます。
やはり、状況が悪いようです。

師匠がどこかで竿を出しているはずです。
師匠は、仕事の合間に毎日竿を出しています。

師匠…釣技も人柄も尊敬できる釣師です。
特に、泳がせ釣りをしたらぴか一!
川と同化したかのごとき立ち姿で責めまくります。

見つけました。

CIMG1501.jpg

状況を尋ねると…
「掛からんでぇ〜。」少々お疲れ気味です。
師匠「やらんのんか?」

やりますやりますやらせていただきます!
竿出しを我慢するのはよくありません。
竿を出してこそ、名人への第一歩…あれっ(^^ゞ…「優柔不断」が座右の銘!
観察なのに、何故か、道具一式が車中にありました(笑)

二人で場所探しです。
気が付けば、澄川まで来ていました。
しかし…ここも人でいっぱい。
あきらめムードで更に上ると…空いていました。

澄川小学校下の瀬です。
おそらく、先客がいたのでしょうが釣れないので移動したのでしょう。

既に2時過ぎ。
上から見ても鮎はあまり見えませんが、小生たちに選択の余地はありません。
チャレンジです。
この場所は、ゆるやかな瀬で、姿を隠しながら徹底的に上飛ばしの泳がせでないと掛かりません。

師匠から頂いた天然のオトリ鮎を、上流に向けて送り出します。
オバセで負荷を掛けられたオトリは、少しずつ上流に泳ぎ始めます。
泳がせすぎると掛からないので、スピードを調整しながら誘いをかけます。

来ましたー!
狙い通りです。石裏のたるみでヒットです。
水温が低いせいか、流れの芯では当たりません。
小生、昨日の釣りで学習してます。流石です。立派です。

同じように上飛ばしで攻めます。直ぐにヒット!
そして、その後もヒットヒットヒット!
友釣りは循環の釣りです。
掛かるときはこんなもんです。

結局、2時間ちょっとで23匹の釣果!
今日は納得の釣りができました。

CIMG1504.jpg


師匠に感謝です…いつもオトリをすんません。また、お願いしますm(__)m

磯釣り情報
本日、萩沖で尾長45センチと49センチが上がりました。
場所は、本人達も初めてでよく分からないそうですが、話からすると羽島の舟隠しか!
朝一、4回のバラシもあったようです。
磯はしばらく…優柔不断が座右の銘です(笑)


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ にほんブログ村
   
今日も応援のポチッ!
ブログランキングに参加しています。
「磯釣り」をプッシュしていただければ喜びます!(^^)!

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: