鮎〜鼻カンの結び方(編込仕様)

最近、アクセス解析をして分かるのですが…。
鮎関係のキーワードで小生のブログにヒットされる方が増えています。
特に多いキーワードが「自作編みこみ機」「鼻カンの結び方」です。
ほとんど毎日のようにアクセスがあります。

自作編みこみ機については、以前のアップ記事「アミコの紹介」を参考にしてください。
      (編みこみ機を詳しく知りたい方はここをクリック→アミコ)

さて、鼻カンの結び方ですが、ここではラインに編みこむ前の結び方を紹介します。
簡単で、接着剤を使わないでもできる方法です。

まず、ライン(お好み)を二重にして、方結びで輪を作ります。
結びの輪の中に、鼻カンを通し、そのまま先にできている輪の中に?鼻カンごと通して?締め込んでいきます。



締め込んでいくとき、輪がこんな形になれば正解!

2.jpg

これでも、結構解けませんが、念のためもう一度二本のラインごと方結びにして、その輪を2本のラインを開くように、結び目のところまで締め込んでいきます。

3.jpg


最後に、鼻カンから約5ミリ離して8の字結びで結びます。
約5ミリ離すことによって、鮎の鼻からのスッポ抜けを防ぎます。

6.jpg

これで完成!

5.jpg


どうです。簡単でしょ(笑)
後は、2本のラインを編みこみ機で鼻カン周り糸に編みこむだけです。

上手く解説できないですいません。
この結びは、ほんの一例ですので参考までに!

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ にほんブログ村
   
参考になった方は応援のポチッ!
「磯釣り」をプッシュして下さい!(^^)! 

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: