3╱28 姫島:松西

昨夜、水津丸の船長に電話。
「かつかつ(ぎりぎり)、出れるろうよ。」
かつかつじゃなくても、いつも船長はそう言います。口癖です。
しかし、今回は本当にかつかつ…うねりがかなり残っています。


さて…
「かつかつ…」船長の言葉を信じて、宇田港に!
います。います。釣りに行けない病に侵された釣り人たちが。
「久しいねぇ。」「今日、出るじゃろうか。」
みな心配そうに船長を待ちます。
船長登場、出港予定時間5分前。
出港です。中止のときは、10分前に登場されます。

いつもより、船が横揺れをしながら進みます。ちょっと心配。
船長が帰りの時間を確認します。
えっ!小生には聞いてくれない。
まっ、いつも4時便の最終だから聞かなかったのでしょう(淋)。
でも、今日はだんだん時化る模様。嫌な予感が…。

ワレ奥、大平瀬…ここまではいいのですが…フナツキではホースヘッドが大きき上下して、なかなか上礁できません。
フナツキ、フナツキ北、姫松にどうにかこうにか降ろし、小生は松西に上がります。

姫島、2月にクロ兵衛さんやSHIGEちゃんたちと釣行して以来です。
今日も、あの時のように、大きなウネリが磯際を襲っています。
おまけに左からの西風が強烈!

この風とウネリでは、軽い仕掛けでは太刀打ちできません。
1.5号で攻めます。棚は竿2本ちょい!
足元から攻めます。潮筋はサラシの横に通っていますが、風が邪魔をしてウキの軌道が定まりません。
何とか、風の弱いときを狙ってサラシの横を攻め続けます。

ヒット〜!
来ました、来ました。ゴンゴンという竿を叩く引き…チヌです。
2度3度と、磯際に突っ込もうとしますが竿の弾力で溜めます。
VIPの敵ではありません。浮いてきました。
左側のサラシの弱いところに移動して、一発でキャッチ。
華麗です。流石です。    誰も見ていません。ガクッ!

46センチのオスのチヌ。

チヌ

ギャフをかけ、持ち上げようとすると…。
ベッピン相手に放出するはずだった白い遺伝子を、小生の手に…。
ちょっと罪悪感が…。
ゴメンな、今晩美味しく食べてやるからね。
このとき午前7時ジャスト!

時化
さぁ、これから…のはずでしたが。
更に風は強くなり、波も高くなってきて…。
釣りにならないまま時間だけが無情に過ぎていきます。
12時、もう我慢の限界です。
とてもじゃないが、このまま4時まで竿を出せない海と心の状態。
3時便にしてもらおうと、水津さんに電話。
船長「こりゃあやれんろうね。いまから迎えにいくけん。」
全員撤収です。


姫・宇田
早々に道具を片付け船を待ちますが、宇田を先に拾っての回収、時間が掛かります。
結局、小1時間待って迎えの船に乗りました。

それにしても、姫島に船が出て、こんなに時化たのは初めて。
少々ビビリながらの帰港でした。

風とウネリの猛襲の中、一枚でも釣れたから「良し」とします。
本当に「かつかつ」の釣りでした。あぁ〜疲れた!


今日のタックル
リール:インパルトα競技2500LBD
竿:VIPタイプ?
道糸:ブラックストリーム2.5号
ハリス:シーガーエース2号
ハリ:がまTKO8号


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ にほんブログ村
   
強風の中、よく釣った!の「ポチッ!」を
「磯釣り」をプッシュして下さい!(^^)! 

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: