やりイカの沖漬け

先週の土曜日。
新車も来たことだし…ってことで、カミサン孝行にと隣県の萩にドライブに行ってまいりました。
カミサンと遊び目的のドライブ…何年ぶりでしょうか。
近いところでは記憶にありませぬ(^^ゞ

明神池に松下村塾と街中をブラブラ。
大河ドラマの影響でしょうか、駐車場には県外ナンバーの車がようけ止まっておりました。
昼食は、道の駅しーまーとの海鮮レストラン。 「萩しーまーと」とは→ココ
新鮮な魚介類を食材にした食事がいただけます。

帰りには、須佐のホルンフェルスに立ち寄りました。 「須佐ホルンフェルス」とは→ココ

DSC_0333.jpg

近くに住んでいながら、ここを訪ねたのは初めてです。
もっとも、須佐に釣りに来た折に下から眺めたことはありましたが…。

駐車場横には、お土産屋さん「つわぶきの館」があります。
ここで、エエもんを発見!
やりイカの沖漬けです。
活きてる状態の剣先イカ「須佐 男命いか」を、丸ごと内臓や墨袋ごとたれ(醤油)に漬け込んだものです。
死んだ状態ではイカがたれを飲み込まず、うまく漬からないそうです。
漁師さんが活きたイカを沖に出た船の中で漬け込むことから付いた名が「沖漬け」。
名前は聞いたことがありましたが、見るのは初めてです。
さっそく購入し、昨晩頂きました。

CIMG1183.jpg

美味い!
しっかりとたれが馴染んでおりますが、イカ独特の食感はそのまま。
絶品です。
こりゃ、酒の肴にもご飯のおかずにも最高ですな(^_-)-☆

今回購入したのは、切り身の瓶詰ではなくイカが丸ごと入ったもの。
タイミングが合わないと、手に入らないそうです。
エエ時にお邪魔しましたなぁ。

当地にお立ち寄りの際は、是非お買い求め下され。

えかったのう…ポチっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ぶろぐ村ランキングに参加中!
右側の画像バナーをワンクリックして下さいm(__)m

この記事へのコメント:

アユモドキ : 2015/07/01 (水) 23:56:39

テルさん。お久~です。元気そうで何よりです。減量のし過ぎで入院でもしたかいな?やっぱ 益田発の情報は活力剤にて。毎日 心配しとったよ。
私は 6月1日 庄原(西城川)で鮎20匹逮捕。 14日。若手の仲間に押し切られ 四国中泊へ グレ イサキ はクーラー満タンのはずも 35~40cmが10枚ほど。年齢差を痛感しました。 今年の高津川は天然遡上少なく イマイチと聞く。義兄は年券の購入をためらっているという。
そのさなか 匹見の20匹は貴重ですね。名人だね。
はてさて 女房の父母の墓参りにしか釣り具を同行すること少なからず。
盆は長兄にて 姉妹 娘 息子たち夫婦の来訪ありき。
嗚呼 高津川 いや匹見川の鮎に会いたい。何時か きっと??

teru : 2015/07/02 (木) 05:42:49

アユモドキさん、おはようさんです。
コメント、ありがとうございます。

ほんに、ご無沙汰しておりました。
ご心配をおかけしたようですが、何とか生きておりました(笑)
いやぁ~、年券をためらう義兄さんの気持ちが分かりますな。
今年の高津川水系は、昨年度以上に状況悪しです。
天然遡上は壊滅的(^^ゞ
先日は、放流鮎を狙ってたまたまの釣果でしたが、今シーズンは厳しい鮎釣りとなりそうです。
また、川の状況などアップしていきますのでよろしくお願いします。

管理人のみ通知 :

トラックバック: