3╱14 萩沖 大島無名磯

今日は、10時出しの6時納竿の半夜釣り。
遅い帰宅となりました。
今、風呂から上がりこのブログを書いています。


CIMG1069.jpg

それでは…釣行日記です。
9時半に萩港に到着。
しばらくすると、のんちゃん丸が帰港してきました。
道具を載せて、いざ、出港!


羽島のハトに4人、地蔵の前に2人、舟隠しに2人…最後に残ったのは小生です。
肥島をぐるっと一周して向かったのは…大島です。
期待に胸が高まります。上礁です。
「船長、ここなんちゅうとこ?」
「無名磯、まっ、カマドの3番…にしておこう。」
そんなー!
いや、考え方変えました。今日爆釣して「名礁 鮎福屋」と名づけるチャンス!
この思考のベクトルはカミサンに似ています(笑)

実釣開始!
竿一本とのことでしたが、G2の全遊動で攻めます。
正面のさらしに乗ったウキが沖に出ると、僅かずつ右に向きを変えて流れます。
好い感じ…最初は、いつもそう思います。

G2のウキがほんのちょっと動きを変えたのを見逃しませんでした。

ヒットです!しかし、手応えがあまりにも貧弱!
なんと可愛いボッコ…達者でな!
続いてフグ…達者でな!
そしてさっきのボッコのお兄さん…達者でな。

爆釣?


CIMG1072.jpg

そして、ついに、ウキがシューっと!
根掛かりです。強引に道糸を引っ張ります。
ウキがぽっかり…またもや達者でな!…。
いや、今日は風も潮の流れもありません。
落ち着いてパラソルをセットし一発で回収成功。
一個トッタラ元トレール…さすがです。優れものです。いい仕事します。



CIMG1083.jpg

しかし、その後バッタリ!潮もバッタリ!心もバッタリ!
浮かせて獲る…今日はボイルも撒き餌に入れました。
集鳥効果抜群!
カモメの一家がご集合です。いや、二家族か?
そんな、こんなで時計を見ると…4時半!
夕まずめが近づいています。



CIMG1085.jpg
気分を変えようと、竿を置いてカミサンにお電話。
電波が微弱、途切れ途切れに声が聞こえます。
「釣れんでぇー。」
「えっ、なに、まだ釣っとるん。」
「今日は半夜ちゅうたろうが。」
「はぁ、聞こえん、じゃあね。」
あっさり切られました(怒)
どういうこっちゃ!…しょうゆうこっちゃ!
昔だったら、「頑張ってね。」ぐらいあったのに(涙)


ゴールデンタイムもあっという間に過ぎ、納竿。
撃沈です。バラシもなし…何にもなし…元気もなし。

萩からの帰り道…長く暗い帰り道…。
車の中で「吉田拓郎」を大きな声で歌って帰りました。
♪明日に 向かって走れ 拳を握りしめて♪

帰宅すると、Kちゃんから電話。
釣友のK氏、今日も49センチを釣って2匹長寸、100センチを超えたそうです。
また、違う場所に歩いていったKさん、56センチのチヌをゲット!
Kちゃんも48センチをやっつけたとか。
それにひきかえ、小生は…。
ええーい、ボウズに言い訳なし!…どこかで聞いたような(笑)
もう寝ます。


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ にほんブログ村
   
次回頑張れのポチッを!
「磯釣り」をプッシュして下さい!(^^)! 

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: