血抜きの失敗(^^ゞ

昨日の鯛、まずはお刺身で昨晩頂きました。
久しぶりに自分の釣ったお魚さんが食卓にのりました。
一晩寝かせた方が美味しいといいますが、我慢できずにちょこっとだけ。

が…なぜか、出されたお皿には赤身のお刺身が…?

CIMG0067_201503161347554f6.jpg

青物は釣っておりませんし、いったいどうしたわけか(^^ゞ

カミサンに確かめますと、2匹の鯛の片身の両方を出したとのこと。
つまり、両方とも鯛なんです。
ご承知のように鯛は白身、回遊魚の青魚は赤身。
常に動き回る宿命を背負った回遊魚は、酸素を十分補給できるように血管も多め…これが赤身となる所以。

ということは…一匹は落ち着きのない、常にちょろちょろしている鯛だったのでしょうか。
それとも、両者食するものに好みの違いがあったのでしょうか。
いやいや、そんなバカなことがあるわけありませんよね。
考えられる答は一つ!
血抜きの失敗でしょうな。
両方ともナイフを入れてきっちり〆たつもりでしたが、片方だけ不完全だったようで…。
しかし、これほどまでに違いが出るなんて驚きでございます。

ついつい、時合を逃すまいと焦っての〆になるわけですが。
神経抜きなどという高尚なことはできませんが、次回からはもちっとビシッと〆たいと思います。
って、釣れたらの話ですが(笑)

PS
しかしながら、私の味覚がおかしいのか…両者同じようにコリコリして美味しゅうございました。

きっちり〆んかい…ポチっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ぶろぐ村ランキングに参加中!
右側の画像バナーをワンクリックして下さいm(__)m

この記事へのコメント:

いさき : 2015/03/17 (火) 19:13:58

血抜きではないと思いますよ。

紅白でめでたいではありませんか(*^^)v

teru : 2015/03/17 (火) 19:19:42

いさきさん、今晩は!
コメント、ありがとうございます。
そして、お久しゅうございます。
お元気ですか~。

なるほど、紅白のお刺身…まさにめで鯛ですな。
桜鯛の季節が来ます。
次も、鯛狙いで頑張りまする(^_-)-☆

管理人のみ通知 :

トラックバック: