天使の寝顔

昨晩から息子夫婦が泊まりに来ております。
夫婦共々風邪を引いたらしく、今日は休日診療所に(^^ゞ
カミサンは仕事ですので、いつものように小生一人での子守と相成りました。

昼寝をさせようと寝かせつけますが、そっと下に置こうとすると泣き出す始末。
しょうがありませんので、炬燵に入り抱いたまま寝せることに…。
寝入ったのを確かめ、再び置こうとすると……またもや目を覚まします。

そのまま抱いて座っていること30分!
しだいに左足が痺れてきましたが、起こしてはいけませんのでじっと我慢します(笑)
一時間経過!
もはや左足には感覚がありません(涙)
おまけに抱いている左手の感覚まで…(^^ゞ

爺道とは耐えることなのです。

しかし、そんなことも、この寝顔を見ていれば何のその(^_^)v

DSC_9475.jpg

天使の寝顔ですな~。

ということで、連休は恙無く子守で幕を閉じたのでした(^_-)-☆

今週も応援ポチをお忘れなきよう…ポチっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ぶろぐ村ランキングに参加中!
右側の画像バナーをワンクリックして下さいm(__)m

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: