昔の釣り雑誌

最近、寝る前に睡眠薬代わりに読んでいる本。
昔購入した釣り雑誌です。
最近では、廃刊・休刊になっているものもありますが…(^^ゞ

CIMG9491.jpg

読み返すと、新しく気づくこともけっこうあって楽しいんですよね。
っていうか、購入当時理解できなかったことが、ちょっとは分かるようになったってことかな。
これまでで得た経験則と比較しながら読むことで、新しい発見もあったりします。
理論、理屈は本をただ読むだけでは身に付きませぬ。
現場でそれを確かめたり経験したりすることで、初めて「自分の釣り」を考える範疇に入るって感じですかね。

しかしながら、内容によっては未だ理解不能のことも多く、経験の浅さを実感しております。
ようは、実践の中から何を見つけ出すか、何を自分のものにしていくか!
そして、できる範囲で様々な理論や手法を確かめ、取捨選択することで自分に合ったスキルを見つけ出す!
これが釣りの楽しみだと思います。
人に押し付けたり、批判したりしない限り、それは唯我独尊、唯一無二であっても許されることでしょう。
たかが釣り、されど釣り。
没個性の右に倣えの釣りはしたくないですよね。
自分に合わない釣法でも人によってはピッタシカンカン、あるいはその真逆の場合も…。
「あれはダメ、これはダメ」は自分の釣りの中でのことにしたいものです。
まぁ、気心知れた釣友との切磋琢磨は必要なことでしょうが…。

山陰は冬場は時化ることが多く、釣行の回数、実践の機会が限られます。
一回一回の釣りを大切にして、自分の釣りスタイルがつくれたらいいなと思いまする。
しかし、しかし…最終的には、釣り人が持っている天性の勘や素質が決めてだったりして(笑)

さて、今日も寝る前には昔の釣り雑誌を見ながら夢の中へとまいりましょうか(^_-)-☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
ぶろぐ村ランキングに参加中!
右側の画像バナーをワンクリックして下さいm(__)m

この記事へのコメント:

nao  : 2013/12/18 (水) 18:56:01

ためになる事も多いですが・・・
嘘も多いです(爆)

teru : 2013/12/18 (水) 19:57:10

naoさん、今晩は!
コメントありがとうございますm(__)m

Thats right!ですな(笑)

管理人のみ通知 :

トラックバック: