鮎ハリの交換

鮎のお礼がいろいろと…
お酒であったり、ビールであったり、野菜であったり、昨日のように一葉の礼状であったり…(^^♪
今日は西瓜を頂きました。

西瓜

叩いてみますとエエ音がします。
まだ切っておりませんが、きっと食べごろでしょう。

さて…
鮎掛けほどハリをよく使う釣りはないのではないでしょうか。
小生は、4本イカリがメインですから、一回に4本のハリを使うことになります。
ここ数年で消費したハリです。

使用済みハリ

そのハリ交換ですが…
掛からないときほど、ハリを交換が億劫になるのは皆さんも同じではないでしょうか。
でも、そんなときは次第にオトリが弱り尻尾を振らなくなり、垂れたハリが石にあたり鈍ってきます。
しかし、針を交換すると一発で掛かってくることも。
魚体に触れただけでハリが立つような鋭さが勝負なわけですな。
掛けた元気なオトリで、釣りの展開が一気に好転することもよくあることです。
ハリ先は小まめに点検して、早目早目の交換が肝です。

今日も明日もお休みですが、鮎掛けはもお休み!
遊びに来ている愛孫のお守りとなりそうです。
ということで、西瓜でも切って愛孫に食べさせまっしょ(^_-)-☆

今日も応援ポチをお忘れなくm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
ぶろぐ村ランキングに参加中!
右側の画像バナーをワンクリックして下さいm(__)m

この記事へのコメント:

nao  : 2013/08/10 (土) 22:12:59

何の釣りでも一緒ですね。

丁寧な手返し・・・
肝に銘じておきます。

teru : 2013/08/11 (日) 07:52:42

naoさん、おはようございます!
コメントありがとうございますm(__)m

何の釣りでも、魚に一番近い所のハリは重要ですよね。
ハリ交換は早めに、海でも川でも心掛けたいものです(^_-)-☆

管理人のみ通知 :

トラックバック: