鮎シンカー

全国各地で豪雨のニュースが飛び込んできます。
まさにゲリラ豪雨、突然襲ってきてとんでもない雨を降らすやっかいものです。
しかし、軟弱だった太平洋高気圧が徐々に元気を取り戻し、雨をもたらした前線も消滅するとのこと。
やがて天気も落ち着くことでしょう。
被災地の復旧が急がれます。

さて…
このたびの雨で増水した川、次の鮎釣行は高水での釣りになりそうです。
小生は、常時背バリを使っていますので、少々の流れならそのまま差し込みますが…。
それにも限界があります。
そんなときはコレの手助けを頂くことになります。

CIMG8376.jpg
鮎シンカーです。
おもり、なまりとも呼びますな。

根掛かりを恐れて、嫌う人も多いようですが…。
仕掛けと流れの強さに見合ったシンカーを選択すること。
ラインを緩めず適度なテンションを感じながら引くこと。
これさえ出来れば、そうそう根掛かりするものではありません。
まぁ、経験を重ねて使いこなせるようになるしかないのですが…。
かなり役に立つアイテムですぞ。

次の釣行では、こいつを使って流れの芯から良型鮎をバンバン引き抜き…。
ってことになればいいのですが(笑)

ポチの応援、お忘れなきようお願いしまするm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
ぶろぐ村ランキングに参加中!
右側の画像バナーをワンクリックして下さいm(__)m

この記事へのコメント:

いさき : 2013/07/30 (火) 21:29:44

中々薀蓄がある言葉!

どおりで磯でも釣技が冴えてるはずですd(^^*)

teru : 2013/07/31 (水) 06:50:23

いさきさん、おはようさんです!
コメント、ありがとうございます。

そうでしょ(^_^)v
磯でも川でも丘でも、釣技が冴えまくっております(笑)

管理人のみ通知 :

トラックバック: