想い…

昨日は農作業で疲れて帰宅した小生!
あ~、何か美味いものをあてにビールをグイッと…なんて思っていましたら。
またまた以心伝心(笑)

CIMG8039.jpg

この日休みのカミサンさんが、新ジャガで手作りコロッケを用意しておりました。
ビールは尿酸値を上げないプリン体カットのもの。
揚げたてのほくほくコロッケに冷やしたビール…。
ここにもまた、小さな小さな幸せがありました(^^♪

さて…
昨晩、親父が父の日のプレゼントのお礼に電話をかけてきました。
86歳になった父の声。
とうに、若い頃のような生気を失った声。

「さっそく使わせてもらっとる。使える時間もあんまりないかもしれんけぇ。」

その瞬間、何とも言えない虚しい想いが広がり…。
「そがんことは言いんさんな。まだまだじゃあね。」
根拠のない咄嗟の励ましは、父の心にどう届いたのでしょう。

昨晩は長女と末娘からも連絡が…。
「ごめん。昨日父の日を忘れとった(^^ゞ」
脳天気な二人…嬉しいかな、悲しいかな、カミサン似です。
末娘などは、プレゼントの代わりに最近四国に旅行した写メを送ってまいりました(^^ゞ
「もう、お前ら二人とは縁を切るけん!」
小生の言葉に大笑いしている娘たち。
でも…いつの日か小生が親父の声に感じた虚しさを感じる時が来るのでしょうか…。

アンチエージングなる生の摂理に逆行する言葉が流行っておりますが…。
老いを止めることはできませぬ。
しかし、せめて子どもたちには小生が感じた“想い”だけは味わわせたくない!
儚い願いを抱いた小生でした。

ピンコロ…理想ですな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ぶろぐ村ランキングに参加中!
右側の画像バナーをワンクリックして下さいm(__)m

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: