先日、日が暮れてから外に涼みに出てみると…。
ほわっとした小さな灯りが宙を漂うではありませんか。

です。

目を凝らして見ますと、草むらの中にも数個の灯り!
今年も出てきたんですな。
ほっとして、嬉しくなってきます。

べつに、家の裏に清流が流れているわけではありませんよ。
こんな場所です。

DSCF6120.jpg

毎年、家の裏側の用水路兼下水路が流れるこの斜面に数匹の蛍を見ることができるんです。

何故、こんな場所に…
考えられる理由は、この用水路兼下水路には蛍の幼虫のエサとなるカワニナがたくさん生息していること。
蛍は成虫になるとエサを食べませんので、幼虫時代にカワニナをたくさん食べられる環境があればいいのです。

ちなみに、成虫になると蛍は唯一夜露を口にするだけ。
幼虫時代に食べた栄養分だけで生き続け、蓄えられた栄養分を消化しきってしまった時に寿命がつきるそうです。
小生も養分のたくわえがおなか辺りにたっぷりありますが…。
蛍を見習わなくてはいけませんな(笑)

次の理由としては、多くの家庭が合併浄化槽となり生活排水がきれいになったことからでしょう。
きれいな水にはカワニナがたくさん育ちます。
エサであるカワニナが増えれば蛍も増える!
他にも農薬の量が減ってきたことなども考えられるかな…。

しかし、家の後ろで蛍が見られるなんて幸せですよね(^^♪
まさに、田舎暮らしの特権です。
そして、大切にしたい幸せでもありますな。
しばらくは、蛍の灯りと涼をを求めて外に出ることが増えそうです(^_-)-☆

小さな幸せにポチっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ぶろぐ村ランキングに参加中!
右側の画像バナーをワンクリックして下さいm(__)m

この記事へのコメント:

いさき : 2013/06/12 (水) 20:29:06

蛍かあ~~
長く見ませんね。。。。

私の目は飛蚊症で蚊が飛んでますバイd(^^*)
老化一直線です、

teru : 2013/06/13 (木) 06:43:24

いさきさん、おはようさんです!
コメ、ありがとうございます。

小生の家から5キロほど入った山郷では、蛍が乱舞するところがありますよ。
田舎は不便ですが、エエこともたくさんあります(^_-)-☆

老化一直線…同じくです(^^ゞ

管理人のみ通知 :

トラックバック: