釣れない釣り人は哲学者?

DSCF3868.jpg

いつの間にか、日が長くなりましたなぁ。
夕方6時過ぎてもまだ明るく…。
春が近づいている…こんなとこにも感じます。

山の稜線に沈んでいく夕日がきれいでした。
って、上手に撮れていませんが…(^^ゞ

さて…
釣りに関する名言集にこんなんもありました。
釣り竿とは一方の端に釣り針を
もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

皆さんにはあてはまらないでしょうが…小生にはピッタシカンカン(笑)
しかし、その馬鹿者になれたことがうれしいような気もいたしまする(^^ゞ

これはちょっと哲学的!
釣りは男が淋しさなしに孤独でいることができる
地上に残された僅かな場所の一つだ

エエですなぁ~。
一人静かにお魚と対峙する小生の凛々しい姿が目に浮かびます(笑)

最後にこれ!
釣れない釣り人は哲学者
釣れた釣り人はただのお調子者

よく、サルトルのようなことを言うねって…もちろん小生のこと(^^ゞ
でも、ボウズの哲学者では…何とも(笑)

てなことで、ネタが切れてまいりました。
ちょっくらお休みしようかな…。

今週も応援ポチありがとうございました。
ブログ、続いていればポチよろしゅうにm(__)m


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
ぶろぐ村ランキングに参加中!
右側の画像バナーをワンクリックして下さいm(__)m

この記事へのコメント:

Mさん : 2013/02/22 (金) 22:55:41

いつもいつもひそかに拝見。
あなたは最高!
さすがに今日は笑っちゃいました。
お宅のいろりで地酒を飲みながら語り明かしたい。
今日還暦を迎えた松江の紳士でロマンチストの男前の棒の端っこのバカ釣り師より。

teru : 2013/02/23 (土) 08:34:41

Mさん、おはようございます!
ご訪問、そしてコメントありがとうございますm(__)m
私は最低ですが(笑)、お褒め頂き恐縮です。
だんだん!

松江にお住まいですか。
小生は出雲生まれでございます。
縁あって、石見の地を生涯の住まいとしましたが…。

>紳士でロマンチストの男前の棒の端っこのバカ釣り師
いやぁ~、素敵です。
是非とも、我が家の囲炉裏で語り明かしましょう。

また、コメントください(^_^)v

管理人のみ通知 :

トラックバック: