10/11 高島 イガラ

昨日の急きょ決まった高島半夜…。
久しぶりにTEAM UCHIDAのK司君との釣行でした。
午後1時過ぎ、大浜港を出航します。

釣友Eっちゃんの段取りで、恵翔丸にお世話になりました。

CIMG2372.jpg

午後からの半夜釣り、メンバー5人と聞いていましたが結局8人での出港でした。

Eっちゃんからイガラへの渡礁を譲ってもらい、船内でのジャンケンにも勝ち、イガラをゲット!
Eっちゃんが数々の良型を釣り上げた場所です。

しかし、着いてビックリ、見てビックリ、歩いてビックリ!
足場の狭いこと、悪いこと。かなりの急傾斜です(^^ゞ

右側のA級釣り座はK司君に譲り(小生、正直怖くて立てませんでした)、船着けに小生は陣取りました。
期待感でワクワクしながら実釣開始です。
                                      イケメン?K司君の釣り姿!
CIMG2373.jpg

足元からの根に沿って流せ…Eっちゃんのお言葉を守ります。
ハイネの先の方でかならずヒットする、これまたEっちゃんの助言を思い出します。

ところが、どうしたことでしょう。
高島、イガラともあろう場所がまったく潮が動きません。
酔っ払った小生のように、ゆらゆらとウキが海面を散歩します。

付け餌は取られたり、残ったり。
全遊動のラインを止めながら、2ヒロの棚から探ります。

何かの気配を感じ、ふと沖を見ると黒い三角のヒレが水面を切ってます。
サメです。
祈ること1時間、やっとサメがいなくなりました(笑)

ここでK司君ヒット!
かなりの引きですが、ゴリマキで最後はごぼう抜き。
上がったのは良型イサキ!40センチはあったでしょう。

後から知りましたが、4号道糸に3.5号ハリス。
強引なはずです。サメも釣ってほしかった(笑)

K司君、続いて30センチ弱のヒラアジゲット!

小生にもこの日初めてのウキの反応。
上がったのは口太30センチ弱。

生命反応を確認した2人、見つめ合ってニコリ!
「ついにジアイが……。」
このとき既に4時過ぎだったと思います。

気合が入ります。
夕まづめが迫ってきます。

微妙なウキの動きに素早く合わせを送ると…。
なんと、潮受けゴムの下からラインがなくなっています。
えっ!

原因不明のままラインを付け替え続けます。
撒き餌を撒くと、何か水面付近にザワザワした動きが…。
正体が確認できません。

続けます。
ええっ!
またしても同じところからラインが…。

道糸が腐っている?確認しますが異常なし!

続けます。
えええっー!
今度は高切れ、ウキもどこに行ったやら分かりません。
全遊動XA2−1−2、「さよなら」も告げずに達者でな(涙)

足元に撒き餌を乱れ打ち、ザワザワの正体を確かめます。
分かりました。見えました。
ウスバです。
凄い数です。
噂には聞いていましたが、ウスバの猛攻に会ったのは初めて。

頭部の寂しくなったK司君と同行したせいでしょうか(Kちゃん、失礼)

結局、そんなこんなで夕まづめも過ぎあたりは真っ暗に。
どうせ後30分とそのままの仕掛けで釣り続けます。

竿引きのあたりに大きくあわせますが貧弱な引き。
イサキでした。

その後、餌も取られなくなりゲームセット!
7時ぐらいに迎えの船が来ると聞いてましたので、6時半には片づけを開始。
K司君と漁火を眺めながら反省会です(笑)

しかし、待てど暮らせど迎えの船が来ません。
Eっちゃんに携帯を入れますが、切ってあります。
そんなこんなで、船が来たのは8時を回っていました。

こんなことなら、夜釣り仕掛けで頑張ればよかった…(泣)
帰宅したときは、9時をまわってました。

結局、Eっちゃんも30センチのクロ2枚。
ワレでは、イサキがかなり上がったようです。
小生は、こんな淋しい釣果となりました(^^ゞ

CIMG2381.jpg

貧果のわりには、長々と引っ張り申し訳ありません。

それで、リールハンドル左巻きはどうだったかって!
人生同様、課題山積です(涙)

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ にほんブログ村
   
今日も愛のポチッ!
ブログランキングに参加しています。お魚ボタンをポチして下さい!

11/22 THE 高島

職場のN氏のお誘いで、急きょ、高島釣行決定!
前回と同じ、島義丸です。
港に行くと、カゴ釣り師たちがご集合。
今日は30人、中には、8人のグループもいます。
小生たちは、この船の6番目らしい!「まぁ、海にこれただけで。」と自分を慰めます。
o.jpg


上礁したのは「仏」と言われる奇岩(写真右)の横「ワノクチ」。
何とも、周りには大きな岩がごろごろ。

船から下りるとき、いきなり波のシャワーを浴びる…ビビリました。


編集 ちょっと大きすぎるさらしが、正面と左から出ます。
さらしが引いたときに、足元から第一投!
いきなり、竿引きのアタリ、足の裏サイズの口太です。
シマシマでなかったことにホッとします。
第二投、サイズアップ、30センチの口太…N氏も同型をゲット!
期待度急上昇
一時間ほど、足の裏サイズが入れ食いに!
しかし、その後パタッと食いが止まり…。
「ヒラソが回ったか!」勝手な想像が拡がります。
しかし、案の定、その後はばったり(涙)。

y.jpg

結局、写真の結果に終わりました。
シマシマ(サンバ)の姿はなくなりました。
水温が少し下がったのでしょう。
これから、期待が持てます。
貧果でしたが、クロの顔を見れたので「よし」とします。
次回こそ、40センチアップを!!

それにしても、写真の崖の上の岩…そろそろ落ちる頃では…クワバラ、くわばら(恐)
ja.jpg
にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
   ↑
今日も一押し!プッシュ!

10/26 THE 高島

CIMG0380.jpg 職場の同僚N氏のお誘いで、高島釣行が急きょ決定!
渡船は島義丸、船長とN氏はお知り合いらしく、過去にずいぶんいい目をさせてもらってるとのこと。
期待で、ワクワク!
Kフィッシングセンターでお金を払い(この船はKフィッシングセンターを通して予約らしい…当然、餌をこの店で買わなくてはならない)、直ぐ近くの大浜漁港へ!
何と今日のお客は5人で出港、N氏の顔が効いたのかな?しかも、同乗者の中では瀬渡し1番。おまけに、同時出港の船にもじゃんけんで勝ったので(各船の1番客がじゃんけんして1番最初に渡しをする船を決める)、この日は小生たちが高島の好きなところに、1番で上礁できる…この時点で、小生血圧150(笑)。

岩口計画通り、北東の風裏になる「岩口」(たぶん)に上礁!
すでに仕掛けは竿にスプール付きでセット済み、撒き餌も港で準備済み(笑)。
高島に敬意を表して、ラインは2.75通し(中途半端かな?)
海にご挨拶して(平和君のマネ)、第一投!
D.SUS(上J3、下B)の水中ウキがすうっと潮に引きこまれると同時にラインが走る!
が、何やら力ない引き。上がってきたのはシマシマ君(鬼太郎より大きい)。
続いて第2投…シマシマ、第3投…シマシマ、第4投…シマシマ、第5投…シマシマ…これ以上書くのは疲れます。
途中ウキを代え、タナを代え、針を代え、ポイントを代え、流し方を代え、気分を変えてもシマシマ(怒)。
CIMG0382.jpg6時間(高島は半日釣りです)、振り出した雨にも耐え、類まれな集中力を発揮するも、見事撃沈でした。
あちこちで鬼太郎の噂は聞いていましたが、まさか高島まで(涙)
白いチャンチャンコに着替えた鬼太郎軍団の修学旅行に出くわしてしまいました(笑)


CIMG0387.jpg
終了間近になって、やっといい雰囲気になって、一発きましたが無念にも針はずれ(涙)。

CIMG0392.jpg







後ろ髪を引かれ、引かれ、高島を後にした小生でした。


秋の時雨のように、物悲しい日記になりました(涙)
励ましのお言葉をお待ちしております (__)

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
   ↑
押してやんさい<(_ _)>